賃貸物件のウォシュレット取り付け

賃貸物件を探すときには、トイレにウォシュレットがついているかどうかをポイントとする人も少なくありません。しかしウォシュレット付きは人気があるため入居できない、もしくは家賃が高すぎるという問題も発生しがちです。はじめは必要ないと思って入居をしてみても、実際に生活をしてからウォシュレットが必要に感じるということもあるでしょう。では、賃貸の物件に、後付けでウォシュレット取り付けをすることは可能なのでしょうか。結論から言うと、「トイレによっては物理的には可能、ただし大家さんの許可は必須」となります。賃貸物件は、大家さんのものです。そのため、設置をするときには大家さん、管理会社の許可を得るようにしましょう。公営団地などの場合には、自治体の住宅課の許可も必要になる場合があるそうです。許可を取らずに設置をしてしまった場合、賠償金を支払わなければいけないという場合もあります。後で元通りにすればバレないとは考えずに、必ず許可を取りましょう。その際、後で問題にならないよう、取り付け許可をしたという証明になる書類などをもらえれば完璧です。ウォシュレットを設置するときには、まずトイレの形を確認しましょう。トイレの形やタンクの種類によっては、設置ができないという場合もあります。また、ウォシュレットを設置するということは、それだけ便座が大きくなります。トイレがぎりぎりの大きさであった場合、ウォシュレットを設置するスペースがない、トイレのドアが上手く開閉できなくなったという問題も起こりがちです。最も見落としがちなものが、電源です。ウォシュレットを使用するためには、トイレ内にコンセントがある、もしくは電源を引っ張ってくるなどができなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です