賃貸契約に際して注意すべきことは山のようにありますが、ここでは重要な点に絞ってお話ししたいと思います。まず最大限気を付けたいのは、重要事項説明をしっかりと聞くことです。これは不動産関連の契約においては基本中の基本です。重要事項説明が置かれているのは、不動産取引は高額に上るからです。重要事項説明の共有がなされていなければ、後で聞いていないという話になり、トラブルに発展する可能性があります。高額の契約は元に戻しづらいので、そのトラブルがすぐに解決する可能性は低く、双方が嫌な思いをすることになりかねません。重要事項説明は契約の命だと考え、一言一句聞き逃さないようにしましょう。もし契約の説明時に疑問が生じたら、必ず納得できるまで質問して下さい。不動産会社の仕事の範疇ですから気兼ねする必要はありません。繰り返しになりますが、説明するのが彼らの仕事です。むしろ疑問が解消されていないのに契約してしまったら、不動産会社としても困ることになります。些細な事でも構いませんから、全ての疑問を解消させましょう。ところで重要事項説明には「特約」欄があります。この特約欄は初心者が知らないことも書かれていますから、特に注意して聞きましょう。よく見られるのは、退去時にクリーニング代は誰が負担するのか、エアコンが壊れればだれが負担するのか、鍵の交換費用、といった項目です。場合によっては納得できないこともあるでしょう。そのような時は遠慮なく相談して下さい。後で契約を撤回するとなると、面倒なことになります。