実際に、金属の棒と板の間に、接着物をくっつけることで、それを引き延ばし、どれくらいの強度があるのか、ということを確かめる方法もあるという風に言われておりますが、残念ながら全体で、どれくらいの強度を持っているのか、ということが確かめられない、というデメリットも存在しており、や厳しいものであるという風に言わざるを得ません。

一般的な世界では、ある対象物の物の強さや弱さというものを表現するために、様々な曖昧な表現を用いているのが、一般的であり、婉曲的に表現することが日本語固有の性質である、という風に言ってしまってもいいかもしれません。

しかし、塗料の付着力などを図る場合には、このような曖昧な表現は避けるべきで、実際のところ、様々な比率などを用いて、確実に表現する方法は、生まれつつあるわけです、それでもなお、実際に、建築物などを塗装する現場では、プロフェッショナルの職人の間などに、よって、図られている部分もある為、数値化しにくい現状はある、という風に言ってしまってもいいかもしれませんね。

塗料は、自然から生まれたものである限り、必ず空気に触れ続けるは、劣化する、という風に言われており、塗った当初よりも、光沢が低下してしまったり、だとか、色あせてしまったりだとか、膨れてしまったり、サビが生じてしまったりするなど、化学反応が進み過ぎてしまった結果、もろくなってしまうようなケースもしばしばあるわけで、家などであれば、簡単に、補修ができるかもしれませんが、大きな建造物や、文化的な建物などの場合には、修復にも非常に手間がかかり、苦労がかかるという風に言われているようです。