はじめまして!サイトを制作している葉菜です❁

私は外壁というのは、屋根と同様に住まいを雨風から守ってくれる存在だと思っているのですが、外壁というのは雨風にさらされるということで、どうしても劣化しやすいものなのだそうです…早めに手を打って防ぐことで、住まいの壽命を長くするというのがコツらしいのです!

これを知ったのは実際に自分のお家の外壁が劣化してからでした…

私と同じようになった時1から全部調べるのは本当に大変なので、そうなる前に少しでも外壁のことを知っておいて貰えたらと思いサイトを作成しています!

ちなみにですが、メンテナンス方法は、三種類あるようです。

劣化状況によって適切な方法を選ぶとよいそうなので、少し見ていきましょう!

モルタル塗の外壁というおのは、下地にモルタルを塗って、仕上げ塗材を吹き付けて仕上げたものだそうで、経年変化でひび割れを起こすそうです。リフォームの前には、ひび割れの補修を行うことが大切なのだそうです。そうしてから塗り替えをするのが一番手軽な方法なのだそうです。

次に手軽なのは、重ね張りの手法だそうです。まず、劣化したモルタルやサイディングのつなぎ目を埋めているシーリングを直すそうです。この場合は、いろいろな選択肢から外壁材を選ぶことができ、好みのものを選んで、外装のイメージを変えるということもできるそうです。選ぶ外壁によるそうですが、塗り替えのときよりも材料費がかかるので費用は高くなるそうです。モルタルやサイディングの劣化がひどいと、解体して下地からやり直すということもできるそうです。

雨漏りなどの問題にも対処できるそうです。この場合は、廃材の処分や下地工事が必要となるそうです。下地工事をすると、下地から新しくなるんで、住まいの耐久性の方にはとてもよい影響を与えるそうです。例えば、筋交いや金物をチェックすることができますし、筋交いを追加するということもできるからだそうです。耐震性の向上にもなるそうです。断熱材や防水シートの施工、劣化した木材の取り換えなども行うこともできるそうです。新しい外壁材を施工するそうです。もっと詳しく知りたい方は検索してみるといいかもしれません!