賃貸物件を探す時、最初に訪問したところでお世話になると決め付けている人がいます。しかしそれは誤りです。客としてどの不動産業者にするのか、誰に仲介を頼むのかは、自由に選択する権利があります。ですから訪問した不動産業者との相性が良くなければ、気兼ねせずにその場を後にするのが賢明です。気の弱い人は世話になったからと、遠慮しがちですが、そこは心を鬼にして客観的に評価して下さい。自分の理想の物件を紹介してくれないのなら尚更です。不動産業者を比較検討することで、どの業者がどのような点を重視して紹介してくれるのかが分かるようになります。さて、仲介業者を選択する段になって気を付けたいのは、きちんと予約を入れてから来店することです。この点は忘れがちなのですが、急に訪問して探してもらった場合、彼らも準備していないため、余計な時間が掛かります。もちろん相手はプロですから、予約が無くても丁寧に対応してくれますが、接客の問題ではなく、理想の物件に当たれる可能性が下がってしまうという問題です。予約を入れれば、先に自分の理想に近い物件をリストアップしてくれるため、来店した時にはそれぞれの物件の詳細が調べられた後であるわけです。そうなると、客として、比較検討が捗るはずです。不動産業者に伝える条件は条件として持っていればよいのですが、一方で妥協しなければならない時のために自分の限度を決めておく必要があります。例えば、新築が理想だけど、数年以内なら我慢できる、ユニットバスは絶対認められない、といった限度です。この限度を正確にスタッフに伝えれば、スタッフも多くの物件の中から選定し易くなります。