押入れをクローゼットにリフォームする事も、「プチリフォーム」、洗面台の位置を窓際に変更させるだけでも、「プチリフォーム」と呼べるのではないでしょうか。ライフスタイルの変化と呼ばれる、人生の転機に、リフォームを試みる方々は多くいらっしゃるようですが、皆さんは暮らしの夢を叶える為に、オリジナルの「プチリフォーム」をご計画されていますか?

何事かに縛られがちなライフスタイルから一瞬で解放されるような、暮らしの提案はいかがでしょうか?

シニア世代ともなると、加齢にともない、バリアフリー住居へのリフォームなどが、急ピッチで必要となるお宅が急増して参ります。

そのような必要に迫られたリフォームであっても、皆さんが心奥底で、夢に描くような住居スタイルが、リフォームのベースとなっているような願いがあります。もちろん地域周辺や、家族の迷惑となるような、自分勝手なリフォームは論外とはなりますが、人生の中で、1度でも思い通りのリフォームを経験した人とそうでない人とでは、住居への展望や愛着に異なりがあるのではないかと感じています。

夢のリフォームが実現するという事柄に、私個人としては充実感を覚えるのです。皆さんの人生にも、誰、彼、彼女の人生にも、必ずライフスタイルの変化という人生の分岐点は、やってきます。進学、昇格、転勤、転職、病気、死別、事故、別離、出産、子育て、介護、同居、失恋、などにおける転機に、奇しくもやむを得ない住居環境に身を置くのではなく、もう少しわがままに、自由度と夢を解放して、ご自身の住みたいマイホームを、プチリフォームに託してみてはいかがでしょうか。