超高齢社会を直前に、住宅のバリアフリー化の需要の声が、あちこちから聞こえてくるようになりました。

皆さんのご自宅は、リフォームなどのご予定はございますか?

日本社会全体の平均年齢が高まるにつれて、「バリアフリー化」といった、住宅や公共施設の多様性が重要視される事で、日常の生活環境の見直しが進んでいるようです。もともとの畳や土間であった日本家屋式から、西洋式のフローリングや洋式スタイルな間取り取り入れた、最近の住居スタイルが、現代では人気な様子があり、多くの新築の戸建てや新築マンションのモデルルームなどを、垣間見てみると、そこには、日本の古来からの住居スタイルは風化され、西洋スタイルの住居システムが住宅産業を欧米化しているように感じています。

日本国内での流れ的には、日本家屋式的な住居スタイルから、洋モダンな住居環境への変貌がみられているようです。皆さんが、ご自分の住居環境を、いざ、変化させるとなると、「転居」もしくは、「リフォーム」などを選択するのではないでしょうか。一般的な考えの元で、先に挙がりました「転居」をイメージしてみますと、皆さんの生涯における平均的な転居回数は、数回~2桁代に届くか否かの値であるようです。

長く生きているから、転居回数が多いのではなく、皆さんのライフスタイルに沿って、転居の必然性をもたらされ、その転居回数に繁栄されているようです。

「転居」や「リフォーム」の時期には、皆さんのライフスタイルにも、大きな変化がみられる事がほとんどです。ライフスタイルの変化とは、進学、昇格、転勤、転職、病気、死別、事故、別離、出産、子育て、介護、同居、失恋など、様々な人々の人生における転機を表わしています。

「転居」とは、全く別の違った視点から、住宅のスタイル変化を生み出す、「リフォーム」は、昨今、高齢化社会の波を受けて、バリアフリー化された住居の重要が急速に高まりを集め、あらゆる世代の注目を浴びるようになっています。

そのような傾向を読み取った、住宅メーカーによっては、新築当初からバリアフリーをうたった物件への販売促進が多くみられるようです。購入当初は万全に期した新築物件も、長く生活をしてみると、家屋の劣化やメンテナンスの為にリフォームが必要となったり、生活の中で感じる不自由さからリフォームを施す事もあるあるでしょうが、日本社会の中では、リフォームなどの住宅に関する費用は、高額なものと考えられております。

生活が不自由になったからと言って、別の住居への「転居」が浮かんだとしても、賃貸でなければ住み替えは、そう簡単な事ではありません。

分譲住宅の場合、住み替えを考える前に、「リフォーム」を考える人が多いのは、当然の事のように思われます。