超高齢社会を直前に、住宅のバリアフリー化の需要の声が、あちこちから聞こえてくるようになりました。

皆さんのご自宅は、リフォームなどのご予定はございますか?

日本社会全体の平均年齢が高まるにつれて、「バリアフリー化」といった、住宅や公共施設の多様性が重要視される事で、日常の生活環境の見直しが進んでいるようです。もともとの畳や土間であった日本家屋式から、西洋式のフローリングや洋式スタイルな間取り取り入れた、最近の住居スタイルが、現代では人気な様子があり、多くの新築の戸建てや新築マンションのモデルルームなどを、垣間見てみると、そこには、日本の古来からの住居スタイルは風化され、西洋スタイルの住居システムが住宅産業を欧米化しているように感じています。

日本国内での流れ的には、日本家屋式的な住居スタイルから、洋モダンな住居環境への変貌がみられているようです。皆さんが、ご自分の住居環境を、いざ、変化させるとなると、「転居」もしくは、「リフォーム」などを選択するのではないでしょうか。一般的な考えの元で、先に挙がりました「転居」をイメージしてみますと、皆さんの生涯における平均的な転居回数は、数回~2桁代に届くか否かの値であるようです。

長く生きているから、転居回数が多いのではなく、皆さんのライフスタイルに沿って、転居の必然性をもたらされ、その転居回数に繁栄されているようです。

「転居」や「リフォーム」の時期には、皆さんのライフスタイルにも、大きな変化がみられる事がほとんどです。ライフスタイルの変化とは、進学、昇格、転勤、転職、病気、死別、事故、別離、出産、子育て、介護、同居、失恋など、様々な人々の人生における転機を表わしています。

「転居」とは、全く別の違った視点から、住宅のスタイル変化を生み出す、「リフォーム」は、昨今、高齢化社会の波を受けて、バリアフリー化された住居の重要が急速に高まりを集め、あらゆる世代の注目を浴びるようになっています。

そのような傾向を読み取った、住宅メーカーによっては、新築当初からバリアフリーをうたった物件への販売促進が多くみられるようです。購入当初は万全に期した新築物件も、長く生活をしてみると、家屋の劣化やメンテナンスの為にリフォームが必要となったり、生活の中で感じる不自由さからリフォームを施す事もあるあるでしょうが、日本社会の中では、リフォームなどの住宅に関する費用は、高額なものと考えられております。

生活が不自由になったからと言って、別の住居への「転居」が浮かんだとしても、賃貸でなければ住み替えは、そう簡単な事ではありません。

分譲住宅の場合、住み替えを考える前に、「リフォーム」を考える人が多いのは、当然の事のように思われます。

      

伝統と塗装

   

日本では、もったいないという言葉にも代表されている通り、なるべく、ひとつの家具を代々にわたって使い続けるというような方式をとられることが多いそうです。

実際のところ、ひととおり塗装をし直すなどしてタンスや衣紋掛などを再利用していることもおおいという風に言われることがあるようです。

一段、日常生活に根付いているような用品であれば、なるべく長く使いたいという気持ちは、よくわかるものであるという風に言えるのではないでしょうか。

実際のところ、塗装の技術というものは、日々進歩しておりわざと塗装を色褪せたりすることで、アンティークっぽく見せたりするような技法も、生まれているなど、アンティークを基本とした塗装は、需要を増しているというふうに考えられるわけです。

一般的な塗装であれば、虫などが木材などを食っていた場合には、その部分を補修するなどして、塗装を行っていくわけですが、アンティーク家具や高級家具などの場合には、その虫食いなども生かして塗装を行う必要があったりするほか、太陽に当たったことによるシミなどができている場合には、それなどを適切に活用しながら塗装などを行う、ということが求められているという風に言われているわけです 。

最近では、あまり塗装に詳しくないような一般的な人であっても、ワックスがついた紙などでこするなどしてアンティーク感を演出することができるようなものも、売られていますが、良くない成分が配合されていないかどうかなどを、きちんと、チェックしておくことも重要だというふうに言えるのではないでしょう。

       

うるしについて

    

はるか昔から、日本の伝統的な塗装方法として、漆を用いたペイントは、一般的になっているという風に言っていいかもしれません。

古来より、人々の生活を豊かにさせ楽しくさせてきた一つの理由は、漆塗りの方法であるという風に言えるかもしれません。

しかし、漆というものは、非常に刺激が強く、危険なものであるという認識もされており、直接、手で触れ続けてしまうと手がかぶれてしまうというようなこともあり、現代でも、注意点の一つという風に言えるかもしれません。

漆というものは、天然の漆を用いて、樹液を絞り出すことで加工した塗料であり、有名な、黒船来航の時から、漆を用いた加工方法が塗装として日本に根付いてきたという風に言われているようです。

一方で、それまで民間的な塗装方法であった漆塗りの方法は、とにかく、高級なものを塗装するために用いるというような考え方が広まってしまったため、庶民離れを起こしていったというような事実もあるようです。

その一方で、ある地域では漆塗りを伝統製法として確立することで、地元の工芸品として売り出したり、伝統的な産業技術として継承していくことで、無限大まで続いているような地域もあるということは、確かかもしれません。

とりわけ、漆のような扱いの難しい塗料においては、自然を熟知して、どのような対象物を塗るのか、ということを理解しておくことは必要であり、特定の地域で根付いてきた伝統文化を用いてこそ、成し得る技の一つであるという風に言っていいかもしれません。

とりわけ、塗装技術としては、世界でもかなり高いレベルのものであるという風に言っていいのではないでしょうか。